帰国!!!!!!13/09/2020

f:id:RINSOKU:20200913143857j:image

ども。りっちゃんです。

日本に帰りたいです。笑

 

では、今日はみなさんにもこのドキドキを味合わせたいので

これから行われる私たちにとってとても大切な発表を一緒にお待ち頂きたいと思います。

 

14日の月曜日に政府による今後のレベルの発表が行われます。

それによって、私たちのリーグが再開されるのか中断されるのかが決まります。

これは正式にリーグからの発表があり、月曜日の政府からの発表次第でレベル2.5から

レベル2へ移行されない限りその時点で中止となるわけです。

ちなみに今日の感染者は2人。最近は感染者も少なくなってきていて

だいたい2人か3人か。みたいな感じ。

私的には日本に比べたらどんだけ平和なんだニュージーランドって思いますけどね。

 

これまでリーグ再開を楽しみにきつい走りもやってきたのに、

首相のたった一言で全てが決まってしまうという。

これまでやってきたことがなくなってしまう気がしてとても怖いです。

私はどちらかというと、目先に目標がないと頑張れないタイプなので

目先の目標がなくなってしまうという不安で落ちてしまいます。

それでもありちゃんは違って、ストイックに走り続けることをやめません。

なんでだろう。とずっと思っていたけど、今日それがわかって。

ありちゃんは目先のことよりも、もっと先のことを考えてたから頑張れるのだと

私は今のリーグのことで不安になって辛くなって。を繰り返して

気持ちが上がりきらない状態だったけど、ありちゃんは今はできなくても

来年はできるわけだし、冬のリーグが終わっても夏のリーグができるかもしれないし

今動かないと、次が苦しくなるから。だからやるんだよ。

そう教えてくれました。

私だけだったら多分不安で押しつぶされそうだったけど、少し肩の荷が下りたような感覚が

ありました。

どうゆう結果であろうと、まずは来年のことも見据えてトレーニングしていこうと

思います。

ここで一番ややこしいのがビザの申請中はニュージーランドから出られないこと。

チームと弁護士の考えではビザの有効期限が切れるギリギリまで

新しいビザの申請はしないはず。ビザが早く降りてくれること、そして私たちに与えられた

新しいビザが日本へ帰国してもニュージーランドへの入国ができるビザであることを願います。

 

さて、ニュージーランドはもう春がやってきました。

気温は涼しい感じなんですけど、日差しがびっくりするくらいジリジリしてます。

暖かい時期にこっちにいるのはなんだか新鮮な気がします。

そして、明日監督はサマーリーグのお偉いさんと何やら話すようで、

私たちが今年の夏リーグに参加できるのかどうかが明日決まると思います。

今年は冬のリーグも予定通り行うことができなかったため、

もしかすると今年はなるべく外国人ではなくニュージーランド人でやろう。

となっているかもしれないし、まだ今年はビザ関係の問題も変えられなかったかも

しれないし、本当のことは全くわかりませんが、いい方向に向くことを祈っています。

今年はとにかく願うことばかりで、私たちにはどうすることもできないことが

山ほどあります。誰も悪くないし、誰も予想できない。

とにかく明るい未来になることを祈ります。

 

 

最近、おそばせながら「DAYS」というアニメを見ています。

サッカーのお話なんですが、私が中学生の頃と主人公がそっくりで、

私はその子よりも負けず嫌いではないかもしれないけど、

なんか似てて「あーわかるわかる」って共感しまくってます。

私は小学校からクラブチームに所属はしていたんですけど、

初練習試合で骨折して、それからサッカーとは疎遠。

治ってからも練習にあまり行かなくなって

本格的にサッカーを始めたのは中学生の頃からでした。

それもただ中学受験がめんどくさかったり、

ダメ元で受けたセレクションに受かってしまって。

みたいなそんな感じのスタート。

はじめは周りのレベルの違いに圧倒されて、下手すぎてパスこなくて

初めて試合に出たのは中学2年の時。

その試合でみんなが私が足が速かったことを初めて知ったらしい。笑

せっかくエンドラインまで運んでも、まだセンタリングを折り返す技術がなくて

なんどもエンドラインを一人で割っていたのを覚えています。

それから一気にいろんなことを学んで、高校も順心に入ることができました。

中学時代の3年間で初心者からナショナルトレセンにまで選ばれるようになりました。

周りから見たらすごい成長だったと思います。

私は同級生に救われた部分が多かったです。ただみんなと過ごす時間が楽しくて

練習しまくったり、いつも下手だなって笑いながらいろんなことを教えてくれる友達がいて

どんなに下手でも仲間だって言ってくれるみんながいて。

だからやっていけたんだと思います。

当時の私は中学校に友達がいなくて、本気で学校に行くのが嫌な時期がありました。

ハブられてるとかそうゆう感覚よりも、誰とも合わないな。

誰と居ても楽しくないな。人に合わせなきゃ。ってつくろう自分がいて

そうじゃないとやっていけない時間が私は嫌いで。先生もうざくて。

早く練習しに行きたい。みんなに会いたい。

みんなといる自分は本当に自分らしくて、楽しくて、

だから中学校がどうであろうがどうでもよかったです。

今でも本当に限られた人としか繋がってないし、自分には合わなかった世界なんだと

思って割り切っています。

そうゆういろんな部分が自分と重なっていて、すごく涙もろくなるアニメです。

日本帰ったら原作読もうと思います。

サッカー好きは読んでみてください。お勧めします。

f:id:RINSOKU:20200913143944j:image

てな感じで今日は終わります。

お読みいただきありがとうございました。

りっちゃん。🐷

f:id:RINSOKU:20200913144208j:image

でもニュージーランドは好き。